カテゴリー別アーカイブ: ネイルズユニーク水野社長

いわゆる壁にぶち当たっても逃げないことです

Published / by chee-chann

景気低迷の中、ネイルズユニークジャパンはなぜネイル業界最大手企業としてトップを走り続けることができるのか?その秘密を垣間見た気がします。

それは同社が実施しているACスタッフ会の内容にありました。未来の店長候補であるACスタッフにとって、低迷しているサロンの現状と、低迷の本当の原因について包み隠さず知ることができる絶好の機会なのです。

水野社長はこう語ります。

「低迷不信店舗の原因は、未熟と怠慢と責任転嫁」
「木を見て森を見ずの狭い視野とサロンは、お客様に役立つかどうかの見極めが出来ない」
「壁にぶち当たっても逃げなければなりたい自分になれる、それがネイルズユニークの最高の環境」

つまり、思うように上達しない現実に背を向けて自分の中に限界を作ってしまうと、向上心が失われて怠慢が生じる。そして上手くいかない原因を外に求め、責任転嫁をしてしまう。その結果、お客様に振り向いてもらえる魅力をサロンに宿す創意工夫がなされず、売上が低迷する。という悪循環が生じるのでしょう。

しかしそこで逃げず諦めず、這いつくばってでも自分を磨くことをすれば必ず乗り越えることができて、なりたい自分になれる環境がネイルズユニークにはあるのです。

すべてはお客様の笑顔のために!ネイルでもっと美しくなれる!

Published / by chee-chann

「すべてはお客様の笑顔のために!」

接客サービス業に従事する人なら必ず心がけているマインドだと思いますが、お客様の笑顔のために具体的にどんなことを心掛ければ良いのかを明確に答えられる人が果たしてどれほどいるでしょうか。

ネイル業界屈指の大手、ネイルズユニークジャパンの水野社長はスタッフに向けてこう語ります。

「サロンデビューのドキドキした心を汲み取って優しく接客施術してください」

非常に具体的なアドバイスだと思います。ネイルズユニークのCMを見た、ネイル未経験の女性が友達を誘ってサロンデビューする一部始終を想像すると、どのタイミングでどのような接客施術が喜ばれるかが鮮明に思い描けるのではないでしょうか?

初めてネイルサロンに来られるお客様は不安がいっぱいだと思います。どんなカラーが良いかと聞かれても分からないし、お会計が予算内に収まるかどうかも心配だと思います。ネイリストがそういったお客様の心を知るには、自分自身がサロンデビューしたときの心の動き、つまりサロン選びから施術後の帰り道までのことを良く思い出してみることが大切なのだと水野社長は語っておられるように感じました。

お客様を気持ちを大切にする事が愛社精神に繋がって行きます

Published / by chee-chann

2013年9月に移転リニューアルした溝口丸井のネイルズユニークLAサロン。ネイルズユニークアルティミッド、ネイルズユニーク、ジェリッシュサロンbyネイルズユニークと並んで、社名が入ったサロンに生まれ変わったLA NAIL。

LA NAILからネイルズユニークLAへとネーミングを変更してまでリニューアルを推し進めた背景には水野社長の強い想いが込められていました。それは一部のお客様から、他企業のチェーン店だという声があったからだそうです。

また、オシャレな物販スペースに快適なハンド席エリア、ジェリッシュメイトコーナー、セルフジェリッシュコーナーなど新機能を取り入れ、安っぽさの微塵も感じられない立派なユニークLAサロンとなりました。それは、お客様の気持ちを大切にする精神の表れだと感じます。

もしサロンごとにディスプレイや接客レベルが異なっていたら、ネイルズユニークのサロンに期待して来て下さるお客様を落胆させてしまいますし、ネイルズユニークという企業全体へのイメージダウンに直結するからだと思います。

水野社長は「お客様の気持ちを大切にすることが愛社精神に繋がる、愛社精神とは全てのユニークのお客様に対する気持ち」だと語ります。一店舗を訪れる一部のお客様のことだけを考えていてはいけないということですね。そのためにはやはり、サロン同士の横のつながりを密にして、協力し合うことが不可欠になってくると思います。