爪を伸ばすためには爪下皮が重要である

ネイルサロンでネイルをしてもらう時に爪が短かったり、もろかったりすると恥ずかしいですよね。爪を伸ばそうと思ってもなかなか伸びないという人も多いでしょう。綺麗な爪を伸ばすためには、爪の内側のケアも重要なのです。爪を伸ばそうとするときに重要になるのが、ハイポキニウムと呼ばれる爪下皮です。ハイポキニウムは、爪の先と指の先をつなぐ大切な皮膚になります。この皮膚がきちんと活性化されなければ爪は健康的に伸びることはできないでしょう。爪下皮がない状態だと、爪が伸びないだけでなく、指先も傷みやすくなるのでよくありません。爪下皮を健康な状態にするためには、爪に過度の負担をかけないことと、乾燥を防ぐことが重要になります。ネイルをする時にある程度長さがあった方が、ネイルサロンで形を整えやすいですし、指先が細く見えるので綺麗でしょう。乾燥がひどい場合には、ハンドクリームなどを使用してしっかりと保湿するようにしましょう。