いわゆる壁にぶち当たっても逃げないことです

景気低迷の中、ネイルズユニークジャパンはなぜネイル業界最大手企業としてトップを走り続けることができるのか?その秘密を垣間見た気がします。

それは同社が実施しているACスタッフ会の内容にありました。未来の店長候補であるACスタッフにとって、低迷しているサロンの現状と、低迷の本当の原因について包み隠さず知ることができる絶好の機会なのです。

水野社長はこう語ります。

「低迷不信店舗の原因は、未熟と怠慢と責任転嫁」
「木を見て森を見ずの狭い視野とサロンは、お客様に役立つかどうかの見極めが出来ない」
「壁にぶち当たっても逃げなければなりたい自分になれる、それがネイルズユニークの最高の環境」

つまり、思うように上達しない現実に背を向けて自分の中に限界を作ってしまうと、向上心が失われて怠慢が生じる。そして上手くいかない原因を外に求め、責任転嫁をしてしまう。その結果、お客様に振り向いてもらえる魅力をサロンに宿す創意工夫がなされず、売上が低迷する。という悪循環が生じるのでしょう。

しかしそこで逃げず諦めず、這いつくばってでも自分を磨くことをすれば必ず乗り越えることができて、なりたい自分になれる環境がネイルズユニークにはあるのです。