サロン運営では雨の日は客足伸びず価格オフをして呼び込むのではなくて雨の日でも変わらず行ってみたくなる魅力的なサロンにする事が王道です

リアル店舗の運営において、交通アクセスに配慮した立地条件を満たすことは極めて重要な要素ですが、人の力ではどうにもならないことが1つあります。それは天候です。台風迫る土砂降りの日に、あえてネイルサロンに行きたいと思う方は少ないのではないでしょうか?

しかし、ネイルズユニークは違います。水野社長曰く、「サロン運営では
雨の日は客足伸びず 価格オフをして呼び込むのではなくて
雨の日でも変わらず行ってみたくなる魅力的なサロンにする事が王道」。

これは単なる机上の空論ではありません。ネイルズユニーク社内で行われたACスタッフ会では、未来の店長候補のACスタッフたちが、自分たちがお客様の立場だったらどうしたら気持ちが良かっただろうか、どうしたら不愉快だったのかという体験談を交えて参加者同士が話し合いました。

このような取り組みを行っているからこそ、水野社長の「王道」が実現されていくのだと感じずにはいられません。「あのサロンならまた行きたい」お客様にそう思っていただくためには、お客様の心に響くのはどのようなサービスなのかを掘り起こすことが大切。雨でも行きたいサロンとそうでないサロンの決定的な差はここで生まれるのだと思います。