親切心が仇になり、生徒を混乱させて逆に上達を遅らせる

「名選手名監督にあらず」重みのある口調で語るのはネイルズユニークの水野社長。今まで自己流で生徒やスタッフを指導してきたCSEと話をすると、講師の自己満足が空回りしていることを痛感したそうです。

良くも悪くも実力派プレイヤーが教える立場になると、その体に染みついたノウハウやテクニックを余すところなく伝授しようという欲が働くものです。しかしそれでは生徒はついてこない。なぜか?水野社長は「もっと教えてやろうという親切心が仇になり、生徒を混乱させて逆に上達を遅らせる」と語ります。

つまり、講師と生徒の視線の高さが一致していなければ、生徒にとって「なぜそうするべきなのか」が理解できず、今まさに抑えるべきことが疎かになるということなのでしょう。

元阪神タイガース監督の野村克也氏も、監督としての王貞治氏に対してこう語っています。「自分が一本足打法で成功したために、自分の型をすべてに押し付けようとする欠点があった」

水野社長も同じ真理を語っておられるのです。指導者に求められるのは生徒を見定めることであり、どのように持って行けば良い結果が出るかを導くこと。プレイヤーからマネージャーになったからには、自己流を教えることが指導ではないということを肝に銘じるべきだと感じました。