違いを説明のイメージ

ジェルネイルとアクリルネイルの違い

アクリルネイルとジェルネイルの違いについて説明

 

ネイルと一言でいっても様々な種類があります。特に最近話題になっているのがジェルネイル、今までであればスカルプチュアと呼ばれるアクリルネイルが一般的でしたが最近ではジェルネイルの方が人気が出ています。

 

ジェルネイルはUVライトを使用してジェルを硬化します。このジェルは無臭であり、仕上がりは丸み、厚みがあるラインが特徴です。ガラスのようなツヤ感があり、透明感も得られます。

 

一方アクリルネイルは空気乾燥でかたまります。臭いがきつく、換気して施術する必要があるでしょう。アクリルネイルはジェルネイルよりは硬さがあり、薄くシャープなラインの爪になれます。仕上がりに関してはジェルネイルよりもアクリルネイルの方が強度はあります。

 

違いを説明のイメージ

 

爪へのダメージも考慮に

 

アクリルネイルは爪の長さを出したい人におすすめのネイルになります。またネイルをオフする時にはアセトンと呼ばれる溶解液で溶かす必要があります。このアセトンは爪が乾燥しやすくなり、ダメージが加わることがあるので気を付けなければなりません。

 

爪への負担を考えるとアクリルネイルよりもジェルネイルの方がよいでしょう。ジェルネイルであればアクリルネイルとは異なり、臭いも全くありません。

また施術後に黄ばんだりすることもなく、地肌への定着もアクリルネイルよりも優れていると言われています。艶が長持ちし、われにくいのでケアがしやすいのでおすすめです。